スマホ対応の仕方

スマホで集客できるのはBtoCビジネス
 店舗系、歯科医、飲食、美容、ジム、店舗ビジネス、通販の方
 人に見られたくないサイトの反応がとても良い(アダルト)
 人に言えない悩み系

スマホのPPC広告で成功
 広告サイトの5割がスマホ対応していない現実
 スマホユーザーは1日平均2時間50分もスマホ画面を見ている。
  これはネットを見ている、ガラケーの3倍です。
  スマホのサイトで網を張らないと認知もされない
 スマホ用のサイトを用意する
  PCサイトでスマホ対応すること
  スマホの申し込みフォームは項目を少なくする、後は電話をとる。
  電話をかけさせるシステムにする。
  *ネットのフォームのところにも電話をかけるっていうボタンを固定で置いておく。
   スクロールしていっても「電話をかける」が上のバーに固定されている。
 検索数はPCの2倍がスマホの現実

予約について
 PCは計画的な予約が多い
 スマホは電話して「今から4人いくから」 費用対効果がめちゃ高い

スマホ集客での正しい順番
 自分のHPのスマホのアクセスが20%を超えたら絶対スマホ対応すべきです。
 Ⅰ.自分のホームページは必需
 Ⅱ.専用のランディングページをスマホ対応で作る
   スマホからアクセスしてきた人はスマホのサイトが見えるようにする
   HPと同じURLでつくり振り分ける、別のURLだとミラーサイトとなるので
   見え方が違うだけで中身は一緒だし、同じURLで良い
 Ⅲ.アクセスツールとしてフェイスブックで広告
   PPc広告を出して運用すること
 Ⅳ.SEO対策
    SEOは広告の後

注意点
 *スマホで物を購入しない人たちの不満の第一位は情報不足です。
  もっと書いてもらわないと購入判断情報が足りないんです。それで結局PCに飛んでっちゃう。
 *だめなサイト
   開いた瞬間に何屋かわからないサイト、第一画面が、ファーストビューが重要。
   全部英語もだめ
   綺麗な画像だけではアパレルもホテルと見られてしまうことも
 *電話はこちらとか、申し込みはこちらというボタンを必ずどのページにも一番上と一番下に大きく置く。
   上下のトップビューとレスポンスデバイスだけでいいんです。
    色は黄色が良い
 *戦略を持った上で、戦術を使いこなそう
   戦略:根幹の部分、切り口、売り方、コンセプトなどから見直し
   戦術:スマホサイトをつくること
 パソコンが出来なくてもインターネットマーケティングをしっかりやることで集客につながるのです。

カテゴリー: ビジネスと集客 パーマリンク
ご意見・ご感想をお寄せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。