小林 幸晴のページ」カテゴリーアーカイブ

縁を生かす

【出会い】 その先生が5年生の担任になった時、 一人、服装が汚くだらしなく、どうしても好きになれない少年がいた。 中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。 ある時、少年の1年生からの記録が目に留 … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条, 日記 | コメントする

人材育成のポイント (人生には必要なことだけが現れる)

はじめに ブログ一覧 ショッピング 在宅収入 運営者情報 フェイスブックマガジン ラブストーリーは突然に 4分54秒 【名言集】 人生は愛と光と忍耐です 自分と人にやさしく 人生の目的は「人生は魂の成長をしていくことで、 … 続きを読む

カテゴリー: 仏教 | コメントする

リーダー論

はじめに ブログ一覧 ショッピング 在宅収入 運営者情報 フェイスブックマガジン リーダーについて考えていること 日本のリーダーは調和型で、日本独特 日本人はあまりに強烈なリーダーには抵抗も感じるようです ボトムアップで … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | コメントする

【リーダー論2.】

はじめに ブログ一覧 ショッピング 在宅収入 運営者情報 フェイスブックマガジン 【リーダー論2.】 リーダーだからといって、自分のほうの都合で人を思うままに動かそうとしても、それは無理です。 形の上では従っているように … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | コメントする

抑止力とは

抑止力とは「相手が攻撃してきたら耐え難い損害を与える能力と意志」を言います。 いざという時に投入する能力と意志があり、それが相手に認識されることが抑止力の本質です。 在沖縄海兵隊は朝鮮半島や台湾海峡の危機抑止には機能しな … 続きを読む

カテゴリー: フェイスブック, 政治・経済に関すること | コメントする

フェイスブックの投稿日記

5月2日 毎朝六時に店の鍵を開け、掃除する。 明太子のふくやさんや羊羹の虎屋さんの日常だそうです。 商売に対する熱意・誠実さが伝わるようです。 京都で創業された「虎屋」さんは、450年の歴史ある会社です。 明治維新になっ … 続きを読む

カテゴリー: フェイスブック, 信念・信条, 日記 | コメントする

個人と組織-1

【個人と組織-1】 個人で活動することと組織的に活動する場合がある。 集団は個の集まりであり、ただ単なる人の集まりから 目的を達成しようとする時に参加者に役割を分担することで組織となる。 一人ひとりは個人であるが、それぞ … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条, 小林 幸晴のページ | コメントする

正義

今日12月14日 赤穂浪士の討ち入りの日ですね。 いつになく早起きしてしまい、ついついフェイスブックを始めていました。 新聞はもう届いていて、北朝鮮の粛清の記事が載っていました。 背筋がぞっとしますね。 独裁政権の国は有 … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | コメントする

両陛下(千葉県植樹祭)

もう何年も前になりますが、両陛下が、千葉県の植樹祭にお見えになっ時に、一目お目にかかりたいという思いがたまたま懇意にしていたホテルの副支配人さんとのご縁でホテルまでの通行許可証をいただき実現しました。 市内は警察官が多数 … 続きを読む

カテゴリー: 小林 幸晴のページ | コメントする

迎日

サイトマップ 「迎日」を本のタイトルにしたいと考えています。 お日様を迎える、お天道様をお迎えする 日本と日本人を書きたいと思っています。 天照大御神は太陽神です。その太陽が真東から昇ってくる土地は以外に少ないのですが、 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史書から学ぶ, 秋川高校 | コメントする

癒される音楽の世界

私の好きな 癒される音楽の世界 To Make You Feel My Love – by Bob Dylan (Adele Cover) Tony DeSare Imagine – John Lennon … 続きを読む

カテゴリー: 趣味・健康 | コメントする

木更津市ボランティア連絡協議会のフェイスブックページがスタートしました。

木更津市ボランティア連絡協議会のフェイスブックページがスタートしました。 公開した日に71人の方から「いいね」をいただきました。 ボランティア活動の報告のページとして公開していきます。 一般伸の方からもご意見などいただけ … 続きを読む

カテゴリー: フェイスブック | コメントする

サンガについて

初めにサンガについて整理したいと思います。 サンガとはサンスクリット語で教えを求めるグループという意味です。「教えを中心として和合を生命とする団体」のことを言います。 社会とは、そこにまことの智慧が輝いて、互いに知り合い … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | コメントする

プロローグ1年C組物語

もう題名はできています。 「1年C組物語」です。 全寮制高校のことがテーマです。 教育、人間観、友情、寮での出来事、人生観、個性豊かな友人たちが登場します。 私の個人的な見方ですので、万人請けはしないと思いますが、それで … 続きを読む

カテゴリー: 1年C組物語 | コメントする

福祉はキリスト教の宗教用語です。

福祉はキリスト教の宗教用語だそうです。 日本は福祉国家といわれます。 福祉の消極的な意味 生命を危険から守る、生命の保護。 日本は高齢社会となって老人が長生きできている事実があります。 福祉の積極的な意味 生命の繁栄とい … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | コメントする

テレサテンを偲んで

テレサテンを偲んで BGMをどうぞ

カテゴリー: 趣味・健康 | コメントする

第五章 寮での出来事

第五章 寮での出来事      ・夜襲事件 ・掃除洗濯 ・床のワックスかけ ・いじめられっ子 ・全寮制教育の意義 ・ビートルズ来日 ・生涯の友との出会い ・小火事件 ・インスタントラーメン ・外泊と日帰り帰宅 ・喫煙者と … 続きを読む

カテゴリー: 1年C組物語 | コメントする

第三章 級友たち

第三章 級友たち ・覇権争い   寮と学校に24時間拘束された生活の中で、若い男達特有の覇権争いはよく見られた。   特に相手に馬鹿にされまいとして片意地を張って、さの挑戦を受けるものもいた。   屋上に呼び出され、眼付 … 続きを読む

カテゴリー: 第三章 | コメントする

日記2013.10.22.

陰徳を積むことについて書きます。 人知れず行う陰徳の方が陽徳よりずっと功徳が高いのです。 徳とは「世の中にプラスになること」 「社会や他の人にとって有益になる行い」 人が「ありがたい」「うれしい」「幸せだ」と思うようにな … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条, 日記 | コメントする

日記2013.10.23.

五感六力について 五感とは正義感、使命感、責任感、危機感、安心感である。 また六力とは、知識力、説得力、行動力、包容力、判断力、忍耐力である。 これらが培われて、それぞれ人の間において無難な生活の営みができるといわれる。 … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

第四章 全寮制の日常生活 目次

第四章 全寮制の日常生活 14室のメンバー 田中勉室長 朝礼と連帯責任 起床ラッパ 校旗掲揚事件 食事とお風呂 寮での時間割 テスト前の蝋燭 秋川高校の寮歌、作詞作曲者 日本寮歌祭 14室のメンバー 田中勉室長 田中勉さ … 続きを読む

カテゴリー: 第四章 | コメントする

秋川高校と寮歌

私が卒業した高校は全寮制しかも戦後初の公立の全寮制の高校でした。3年間の寮生活の思い出は沢山ありますが、 1.男子だけの寮生活で生涯の友との出会い 2.我々一期生が作った寮歌 玉成寮寮歌 作詞 野田肖一 作曲 藤井孝洋 … 続きを読む

カテゴリー: 第四章 | コメントする

第二章 学校生活 1.一学期

第二章 学校生活 1.一学期 私たちは昭和40年4月20日秋川高校に入学した。 20日と遅かったのは、施設の竣工が間に合わなかったためだった。 何もかも初めての経験がスタートした。 家族のいない、男だけの学生生活、寮生活 … 続きを読む

カテゴリー: 第二章 | コメントする

第二章 学校生活 2. クラス担任 

第二章 学校生活 2. クラス担任 1クラス40人学級であった。6クラスで1学年、合計240人であった。 クラス担任は2人制であった。 寮生活の指導もあり、各クラスはお父さん役の先生とお兄さん役の先生の二人ずついた。 C … 続きを読む

カテゴリー: 第二章 | コメントする

第二章 学校生活 4. 講演会と嵐

第二章 学校生活 4. 講演会と嵐 秋川高校では、よく講演会が開かれた。全校生徒職員で拝聴した。 場所は食堂であった。ここが当時一番広いところであった。 講師の方で覚えているのは、曾野綾子さん、臼井吉見さんであった。 臼 … 続きを読む

カテゴリー: 第二章 | コメントする

第二章 学校生活 目次

第二章 学校生活 目次 1. 1学期 2. クラス担任 3. メタセコイア植樹 4. 講演会と嵐 5. 校庭の整備 6. 全てが初めて 7. 日課表 8. 特異な先生 9. 渡り廊下 10. 施設の増築 11. 女の先生 … 続きを読む

カテゴリー: 第二章 | コメントする

日記2013.10.20.

10月ともなれば、寒くなるのも当然ですが、まだまだ台風は来るというし、地球温暖化現象は見過ごせないことになっている。 大島在住の友人たちが心配です。 一人とは連絡がついて、現場とは4キロ離れていて無事だが、知り合いを亡く … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

激変する時代にあって

時代が激変する時、その渦中にいる人々の生きざまは様々である。 時代の渦に巻き込まれ犠牲となって逝く者、時代の使命を果たしたことを覚り静かに表舞台から去る者、旧体制の中から彗星のごとく現れ時代精神を背負って新時代を切り開い … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | コメントする

第一章 入学

第一章 入学 第1項 入学試験合格 第2項 開校までの経緯 ——-都教育長 ——-校長の人事 ——-先生の選抜 第3項 秋川高校の意義 第4項 マス … 続きを読む

カテゴリー: 1年C組物語 | コメントする

第六章 部活動

第六章 部活動   第1項 体育系は全員参加   第2項 浅黒い秀才の育成   第3項 校技サッカー部    第4項 対外試合 第1項 体育系は全員参加  秋川では午後の部活動では全員が必ずどれかの体育会系の部に所属する … 続きを読む

カテゴリー: 1年C組物語 | コメントする

目次

1年C組物語 目次 第一章 入学     入学試験合格 開校までの経緯 秋川高校の意義 マスコミの動き     入学時の施設 泥濘だらけ 校長の人事 先生の選抜 都教育長 第二章 学校生活     1学期 クラス担任 メ … 続きを読む

カテゴリー: 1年C組物語 | コメントする

日記2013.10.18.

なぜ早起きすると稼げるようになるのか 「元気で力に満ち溢れている時に最も重要だが、緊急ではない課題に取り組むから」 早起きをすれば、幸福で健康に暮らせるだけでなく、創造的な仕事も出来る。 早起きできるようになれば、達成で … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

日記2013.10.17.

日記を効果的に活用する3つの方法 1.ゴールを目指して記録をつける 2.創造性を働かせ、新鮮な気持ちで書く 3.学んだこと、読んだ本、考えたことの備忘録にする  アイデアは自分宛と書き添え、目立つようにしておく 小説を書 … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

日記2013.10.16.

ゴールに到達する為の課題リストをつくる 「私たちはみなよりよい人生を望んでいるが、そのために必要な変化を進んで起こそうとする人はあまりに少ない。」-マイケル・マスターソン 「生産性というものは、偶然に達成できるものではな … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

日記2013.10.15.

マイケル・マスターソン著「大富豪の仕事術」をダイレクト出版社から購入し、読み始めた。 とりかかりは4つの分野のコア・バリューと7年後のゴールである。 健康、富、自己改革、社会的な幸福の4つの分野に2つずつ書き込んだ。 自 … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

統治者の条件

統治者の条件は能力があり偉大であるか、あるいは能力は無くても賢明であるかだ。 過去の偉人の足元に及ばなくても、賢明でさえあれば人の上にたつことができる。 一方自分の力量を知らない人、自省する能力のない人、身の丈を知らない … 続きを読む

カテゴリー: 政治・経済に関すること | コメントする

カメラと出会い50数年 2013.9.30.

今月は富山と名古屋・伊勢方面に2回も旅行しました。 富山では、浄土真宗の荘厳なお葬式に参列しました。 名古屋では級友達との語らいに時を忘れ、良い酒を頂ました。 伊勢神宮では式年遷宮間近の緊張感と高揚感、人々の期待と希望も … 続きを読む

カテゴリー: 写真, 日記 | コメントする

1期生

今朝も暑い、その中でおでんセールのチラシを見た。 昨日は高校の同輩(藤井)と後輩達との交流があった。 後輩たちは単純に1期生である我々を先輩先輩と言ってくれる。 只単に先に生まれ、たまたまその学校に1期生として入学し、卒 … 続きを読む

カテゴリー: 秋川高校 | コメントする

裁判の傍聴体験

東京高等裁判所で裁判の傍聴体験をいたしました。 きわどい質問をする検事さんとテキパキと答える証人の真剣なやり取りや人情味あふれる弁護士さんとのやりとりを拝見しました。 余計な物音一つしない傍聴席でじっと聴かせていただきま … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | コメントする

人生は想定外そのものである。

人生は想定外そのものである。 写真屋になるなどましてやデジカメプリントやネットプリントなど40年前には考えられなかったことだ。 定年後になっているのに仕事をしている。悠々自他適までには程遠い現実がある。 人生には努力して … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | タグ: | コメントする

遥かなる司馬遷

このページはワードプレスで作成しています。 司馬遼太郎氏が【司馬遼太郎という名前になった訳】 司馬(遷)よりも遼(はるかにとおし)とシャレたつもりであった。 ところが「司馬遼」では国籍を間違われると思い、太郎をつけた。 … 続きを読む

カテゴリー: 歴史書から学ぶ | 1件のコメント

facebookで集客をその1

facebookで集客を考えている方もいます。 趣味としてのfacebookも楽しいのですが、ビジネスに活用が出来るのです。 しかしこの活用に関してはコツがあり、これを知らないとほとんど効果はありません。 「真っ当な方法 … 続きを読む

カテゴリー: フェイスブック | 2件のコメント

落ちた花は見事に花開いた

中村彰彦著 「落花は枝に還らずとも」を読みました。 「行くに興なく 帰るに家なし 国破れて孤城雀鴉乱る」 とはじまる絶唱「北越潜行の詩」の作者は秋月悌次郎です。 NHKで「八重の桜」にも登場してくる人物です。 若き日には … 続きを読む

カテゴリー: 歴史書から学ぶ | 3件のコメント

笑顔と感謝

すばらしい画像と出会いました。 本当に多くの方に支えられてきました。 一人では生きていません。 お陰様です。 和顔愛語というように笑顔で接するのが一番です。 そして全てを受け入れられるように感謝の心をいつも持つと言うこと … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | 2件のコメント

日曜日の朝7.28.

日曜日の朝です。 小鳥のさえずりは聞こえていません 暑くなる予感ですけど、木更津に潮干狩しに見える友人夫妻を迎える準備をします 日焼けしそうです 紫外線防止対策します 昨日もう一つワードプレスを立ち上げました。 サーバー … 続きを読む

カテゴリー: 日記 | 1件のコメント

ネット選挙 考

カメラのコバヤシの公式フェイスブックページ ネット選挙が解禁になって影響について考える 今年の参議院選挙からネット選挙が解禁になった。 法律が施行された。法整備の準備段階から自民党は他党より優位に位置した。 ネットの必要 … 続きを読む

カテゴリー: 政治・経済に関すること | 1件のコメント

フェイスブックで朝の挨拶の意味

フェイスブックで毎朝 挨拶を書いて投稿している。 お天気のこと 小鳥達のさえずりのこと 風の音 花々のこと 畑の作物のこと 果樹の実のつき具合 今日のイベントのこと 人と会うこと など日記みたいに書いている。 何気ないも … 続きを読む

カテゴリー: フェイスブック | コメントする

人とのご縁は大事にしましょう

つらかった話をしてくれる人は、信頼してくれている人なんだ。 その信頼にこたえるために真摯に向き合うしかない。 すべては自分に因があり、現れる縁によって変化もする。 人と触れ合うことで自分の因に気づくことができるから、 他 … 続きを読む

カテゴリー: 信念・信条 | コメントする

フェイスブックでお友達の方へ特別にプレゼント致します

このページは Word Press で作成しています。 フェイスブックでお友達の皆様に日頃の感謝を込めてプリント代無料で、送料だけ100円でプレゼントいたします。詳しくは下記をご覧ください。 このページはFB友達に特別価 … 続きを読む

カテゴリー: フェイスブック | コメントする