日記2013.10.20.

10月ともなれば、寒くなるのも当然ですが、まだまだ台風は来るというし、地球温暖化現象は見過ごせないことになっている。

大島在住の友人たちが心配です。
一人とは連絡がついて、現場とは4キロ離れていて無事だが、知り合いを亡くしたという。また設計した住居がたくさん流されたことが心を重くしているという。しばらくは島全体が人命救助に、二次災害防止に全力を挙げている様子がよく分かった。
持ち前の明るさで周囲を励ましていることだろう。
奮闘を期待している。

来年の夏には、皆に呼びかけ大島復興つり大会を必ず実現しよう。
東京都はじめ全国からあの大震災の時のように、支援の輪が広がることは間違いない。私たちも出来ることをしよう。

毎日課題に取り組むことが出来ることは、幸せなこと。きちんと計画を立てそれに従って行動することで富と成功は手に入る。

災害列島で生活する私たちですが、いつでも乗り越えてきた。試練は人を強くさせる、他者を思いやり、やさしくさせるのだ。
この広い宇宙の中で、悠久の時の中で今、水の惑星地球で生まれたことにとにかく感謝です。

カテゴリー: 日記 パーマリンク
ご意見・ご感想をお寄せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。