メディアボックスとは

メディアボックスという名称を使い始めたのは、デジタル時代になる少し前くらいからです。
丁度店舗改装した時に「メディアBOXカメラのコバヤシ」と店頭看板に書いたのが始まりです。
メディアが沢山詰まった箱と言う意味でこの言葉を選びました。
以後、店頭看板以外でも使うようにしてきました。

デジタルの時代になり、デジカメネットプリントを受注している「メディアボックスカメラのコバヤシ」です。
数年来受注してきています。固定客も出来ました。

更に多くの人が、わずらわしいプリント印刷作業から開放されればとネットプリントを
安く、早く、丁寧に、30年間色あせ保証までお付けして製造しています。

こんな保証は見たことないと言われるでしょう。しかしメーカーは以前から100年プリントと豪語してきました。30年は少しもオーバーなことではないのです。

インクジェットも近年、技術的に進歩してきています。しかし根本から違うのです。

当店はカラー薬品とカラーペーパーを使い、ラボ機器で化学反応を起こして現像され写真となります。

一方、少ない数のインクリボンを使い、吹き付けることによって色を再現させるわけです。中には、水に弱いインクリボンもあります。

又たまに使いたいと思った時にインクの先端が目詰まりして交換しないと使えない場面に遭遇したりします。

インクリボンを丸ごと取り替えるわけですので、結構高いものになります。

もう一つは、せっかくの色再現をしても水でインクが流れたりして画像が消えるということもあるようです。それでは意味がありませんね。

事例としてはあの大震災の時に、昔のアルバムが泥で汚れてはいましたが、温水で洗うことが出来ました。

デジカメインクジェットで印刷したプリントは消えてしまったとの報告もされています。もうお分かりですね、大切な写真ならミニラボ現像機で処理すべきだと言うことです。

大切な我が家の貴重な記録は財産でもあります。

保存するのは写真に現像することがよいし、写真にしておけばデータの喪失があったとしても復元ができると言うことです。

私たちは、このような経験から現像方式の写真作りをお勧めしています。

カテゴリー: カメラのコバヤシオフィシャルブログ パーマリンク
ご意見・ご感想をお寄せください。

メディアボックスとは への2件のフィードバック

  1. mbck-admin のコメント:

    ネットプリントの小林です。下記に当社のリンクをつけさせていただきましたので、ご了承ください。

    40.ネットプリント千葉県船橋市版
    41.ネットプリント千葉県市川市版
    42.ネットプリント千葉県浦安市版
    43.ネットプリント千葉県柏市版
    44.ネットプリント千葉県我孫子市版

    相互に被リンク投稿されたい場合はコチラからワードプレス塾にお入りください。
    まずは説明ビデオをご覧ください

  2. 藤井孝洋 のコメント:

    ワードプレス塾の藤井孝洋です。
    以下のサイトをここでご紹介させていただきますのでご了承宜しくお願い致します。

    011 ワードプレスと検索上位#1 | ワードプレス塾オフィシャルブログ

    012 ワードプレスのビデオを公開しました。 | ワードプレス塾オフィシャルブログ

    013 ワードプレス塾7月1日開講 | ワードプレス塾オフィシャルブログ

    014 質問:今のホームページ内にワードプレスを設置したほうが良いですか? | ワードプレス塾オフィシャルブログ

    015 中澤さんワードプレスを始められましたね。・・感想と意見 | ワードプレス塾オフィシャルブログ

    ここに被リンク投稿できる方は、ワードプレス塾 わくわく相互リンク・プレミアムクラブに所属されている方のみです。
    その他の被リンク投稿は全て承認しませんので予めご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。