-

写真現像:フィルム現像専門店:メディアBOXカメラのコバヤシ|ネットプリント


写真現像

代表取締役小林幸晴
カメラのコバヤシ
店主 小林幸晴
店主の言葉と略歴

訪問ありがとうございます。

まず写真現像ができるお店を探すのが大変な時代に、このページを見つけて頂いたことに深く感謝申し上げます。

ご存知のようにデジタルカメラが主流の現在、まだ写真現像にこだわっているお店は大変少なくなっております。

当店では、写真現像機を末永く使えるよう細心のメンテナンスを行いながら今日に至っております。

これを機会に写真現像ならカメラのコバヤシにお任せいただけますようお願い申し上げます。

カメラのコバヤシ・写真現像の5大特徴

写真現像はフィルム現像したネガから写真をつくるアナログ的仕事です

人と人のつながりはデジタル時代になって希薄となり、アナログの持つ良さが発揮できないようになりつつありますね。
デジタルの便利性やデジタルを開発することを否定はしませんし、ネットの恩恵もたくさんいただいております。
これからはデジタルとアナログの融合も考えていかなければと思っています。

写真現像の動画はこちらをクリック

本格的写真現像の世界とは・・真心の一枚をあなたに

昔ながらの写真の作り方(フィルム現像)を維持しています。
フィルム現像では現像機器のメンテナンスと薬品の品質管理が特に大切です。
当店では薬品を惜しむことなく、数ヶ月で全取替えいたします。
・・・続く

現像したフィルムを写真にする時に命を吹き込む丁寧仕上げとは

丁寧という意味は、1枚1枚丁寧に調整を手作業でしていくということです。

写真にもよりますが、調整すれば更に美しく仕上げられる写真もございます。・・続き

フィルムは生きています。

フィルムには製造から2〜3年メーカーの保証する有効期限がありますので,フィルムは有効期限内に撮影いたしましょう。

撮影したらすぐに現像いたしましょう。現像しないフィルムは変化していきます。

直射日光や高温多湿の場所を避けて保管してください。

水滴がかかりますとあとが残ったり変色したりしますのでご注意ください。

写真画像を一番長持ちさせるのは写真にしておくことです。ネガのままより写真にしておくことをお勧めいたします。

写真の品質についてのページはこちらから


写真現像の種類と価格(税込)

フ ィ ル ム 1 本 の 現  像  代  金
プリント1枚の代金
フィルム枚数の種類 24枚撮り、27枚撮り 36枚撮り、39枚撮り  2 B Lサイズ 2B-Lサイズ
ネガカラーフィルム 450円 520円 450円 21円 70円
白黒フィルム 698円 698円 698円 50円 70円

銀塩フィルムのスキャンサービス

フィルム専用スキャナーによる高品質なフィルムスキャンサービスです。

写真プリント・写真フィルムをデジタルデータ化してDVDに保存してお届けするサービスです。

対象:カラーネガフィルム、モノクロフィルム、カラーポジフィルム、スライドフィルム、写真プリント

データは通常JPGで納品します。TIFをご希望の場合の価格は2倍となります。

フィルム毎にフォルダー分けし、スキャン順に番号を付けてJPG形式で書き込みます。

仕上がりは受注状況にもよりますが、製作期間は36枚撮り10シート程度でおおよそ1週間以内です。

未現像のフィルムからのデータ化には別途現像代が掛ります。

基本料金メディア別 DVD-R 500円 USB 1000円 SDカード 1000円
画像解像度 pix BASE スキャンの程度 1コマ単価(税込)
1200dpi 1600x1100pix 4BASE 一般的スキャン 60円
2400dpi 3300x2200pix 16BASE 一般的スキャン 100円
3600dpi 5000x3300pix 32BASE 高解像度スキャン 200円
7200dpi 10000x6600pix 168BASE 最高解像度スキャン 300円

写真の保存管理が楽になります

写真の劣化がなくなり、いつまでも綺麗な画像を残せます

写真データになりますから補正や加工も可能です。

ネガフィルムのデジタルデータ化で、写真をテレビやタブレットで多くの方と見ることが出来ます。

注意:カビやくっついたフィルム、ひどく汚れているもの、避けているもの、曲がっているものはお取り扱いが出来ません。

著作権が発生するフィルムや写真プリントについては法令順守の立場で、お取り扱いできません。

写真現像の決済方法

決済方法は3つございます クレジット(ペイパルメール決済)と郵便振替票と代金引換
からお選び下さい

クレジットの場合生フィルムをご郵送いただきます時にeメールでご注文のお知らせを送信して下さい。

完成時にこちらからeメールを使いペイパル決済メールを送信いたします

決済できるクレジットカードを使いご案内の順にペイパルメール決済手続きを進めてください。

宅急便やメール便での発送は入金確認しだいお送りいたします。

ペイパルは世界中の金融機関で使っている信用ある国際決済システムの会社です。

郵便振替票でのお支払いは、完成しました商品と郵便振替票を同封いたします。到着後1週間以内にお支払いいただきます。

代金引換え決済

ペイパル決済や郵便振替票以外として代金引換宅急便でお届けもいたします。

お届け時に代金をお支払いいただくシステムです。宅急便業者が直接お届けにお伺いいたします。

この場合は送料のほかに代引き手数料が掛かります。

配送と送料に関すること

配送種類 宅急便 代金引換え便 クロネコメール便 ゆうメール便
配送会社名 佐川急便 佐川急便 クロネコヤマト 日本郵便
会社マーク 佐川 佐川 ヤマト 日本郵便
お届け方法 宅配業者が手渡し 宅配業者が手渡し ポストに投函 ポストに投函
送料 540円

540円+

代引き手数料648円

82円 82円
配送日数 翌日配達 翌日配達

2日〜3日後

関東各県は翌日

関東以外は翌々日

離島は中3日

未現像フィルムを当店にお送りいただく場合に紛失やキズが発生しては取り返しがつきません。できれば宅急便でお送りください。

完成品の送料はお客様のご負担となりますが、完成時に売り上げ総額が3000円以上の場合は、送料は当方で負担させていただきます


ネガからの写真現像

ネガ現

フィルム現像はこちらの説明文をお読みください。

デジカメプリント・ネットプリントも受注しています。デジカメネットプリントのご注文はこちらへ

ネガ現像機

今更フィルム現像! なぜと思われるかもしれませんね。

あえてご案内しようと思いましたのは、フィルム現像をやめる地域の写真屋さんが多くなったということがあります。機械が故障したりすると新しい機械を入れず、 現像を自店で処理せずに近所である当店などに頼みに来られるケースがちらほら出てまいりました。それならば当店としては機械のメンテナンスや薬品の管理をより徹底して整備していき、フィルムの現像を続けていこうと決心したわけです。

フィルム現像で困っている一般ユーザーの方や業者さんもお問合せください。ご希望に添えるよう努力いたします。

デジカメプリントをご希望の方は次のボタンをクリックしてご注文ください。

注文ソフトの使い方は、 ビデオマニュアルPDFマニュアル をご覧ください。

こんな喜びの声を頂きました
鎌倉市のTさん


京都府のYさん
「写真大好き人間です。今までも沢山撮影してきました。
カメラは数十台持っています。フィルムカメラで撮影することも続けています。
写真はやっぱりフィルムカメラで撮影したものが良いと思います。
『写真・現像』を検索してここにたどり着きましたの。
わがまま言いますけどよろしくね。」
栃木県栃木市のSさん


東京都大島町の大石さん
「私は大島の海で毎週末大物釣りを楽しんでいます。
大物はフィルムカメラで撮影することを続けています。
自宅には額に入れた写真を沢山飾っています
島から送ったフィルムの現像からプリントして、届くまでの早さがここを選んだ決め手でした。」
鎌倉市のTさん


富山県富山市の中田さん
「住宅建設の仕事をしています。住宅の完成写真はフィルムで撮影しています。
一生の財産としての住宅の引渡し式の時に大伸ばしした額入り完成写真をプレゼントして喜ばれています。
距離的に離れていますが、手軽に現像と写真を頼めるところがここの魅力です。
仕上がりに期待して、プロ焼き大伸ばしもたのもうと思います。」
大橋


東京都文京区の大橋さん
「各地のマラソン大会に出場しています。訪れる各地の風景写真をフィルムカメラで撮影しています。大伸ばしした時の質感のきめ細かさを出せるところはデジカメより勝っていると思います。フィルムカメラで撮影することを続けています。これからもフィルムの現像よろしくお願いします。」

ひろかず 栃木県栃木市の佐藤さん
「昔はどこのお店でも現像機があって現像してくれましたが、近くのお店が現像をやめてしまいました。
『写真現像』のキーワードで探しましたらここにたどり着きました。
早速注文しましたところ、送られてきたネガとプリントの出来は満足のいくものでした。また利用させて頂きます」 
鎌倉市のTさん 鎌倉市のTさん
「フィルムを使う人が少なくなってきて一時フィルムカメラを処分しようかなと考えたことがあります。
写真歴はかなり長い方です。デジタルも悪くはありませんが、フィルムの良さを忘れる訳に行きません。
カメラを処分しないでよかった。現像をしてくれる所も見つかったし、良い作品作りに励もうと思っています。」
藤井さん


千葉県白井市の藤井さん
「フィルムのきめ細かさと深みを出せるところが好きで、
フィルムカメラで撮影することを続けています。よく撮れたものは、
プロ焼き大伸ばしをたのもうと思います。」

Q&Aよくある質問お支払い(決済)方法発送方法と送料・手数料 | お問い合わせ | カメラのコバヤシのページ
HOME | プライベートポリシー | 特定商取引法 | 会社概要

感謝・感謝の創業から苦節30年

「創業のきっかけ」、「初心忘るべからず」、「大変化の波を乗り越えて」

創業のきっかけ、は10年間努めた写真業界第一位の流通大手商社の営業マンから
自分で直接お客様と商いがしたいと思いが募ってきたこと。
実際の写真店主と接してきて、自分ならこうしたいこうすればもっとお客様にご満足いただける
のではないかと営業の都度考え、お店に進言していました。実行するお店はそれなりに効果を上げていきますが
中々実行してくれない店はどんどん取り残される現実を見続けた結果、自分で実行した方が早いと創業する
決意にいたりました。

初心忘るべからず、 豊富な資金ではじめたわけではなく、こじんまりと効率よく品揃えと最新の情報を基に設備投資をしつつ、時代の
先端を行く技術を身につけることで、お客様からご満足をいただけることを目標に営業活動をしてきました。
目の前の一人のお客様を大切に、創意工夫してお客様から喜ばれる仕事にしよう」、それが初心でした。
私にとっていつまでも忘れてはいけない心構えでございます。


大変化の波を乗り越え・・・  30年前の創業の時からみれば、デジタル化の波は業界に大津波となり否応なく押し寄せてまいりました。
カメラメーカー各社はデジカメに移行し始め、プリントの分野もエプソンやキャノンが家庭用プリンターを次から次へと発売いたしました。
我も我も斗とデジタルカメラで写真を撮り始めました。
35ミリフィルムカメラはメーカーも製造をやめ始めました。
フィルムカメラの特徴でもあるきめ細かい奥深い写真を撮っていたセミプロの方たちも便利なデジタル一眼へ変化していきました。
確かにデジタルカメラでは多ショット化が進みましたし、一般市民の方々にとって写真が気軽に楽しめるものになりました。

そこで当店はこの大波は時代の大きな変化ととらえ、時代に沿っていこうと決意しました。
デジタル写真もお店で積極的に取り扱っていくことにしました。
フィルムの現像は技術レベル、液管理レベルを維持しつつ、デジタルも銀塩現像処理を続け美しさと色褪せしない写真をこれからも作り続けよう
そしてインターネットの時代にデジタルデータだからネット注文が可能であるし、フィルムの現像も現像するところが限られてくれば
郵送も含め全国規模で注文をいただけるのではないかということになりました。
この大変化は業界のラボシステムも商社システムもメーカーさえも巻き込んで大きな変化となりました。
私どもはこの大変化をチャンスと捉え、写真文化の向上と写真愛好家の方々はもちろん家庭の何気ない瞬間を撮影する方々に至る方まで
含めて、カンタンに注文でき、すぐに届けられ、しかも価格も抑えて写真を作ることにこれからも邁進していくことに致しました。
これからも大きな変化は起きると思います。これからも変化をチャンスと捉えてまいり、皆様に喜ばれる写真を提供し続けます。
格的写真現像の世界とは・・真心の一枚をあなたに
昔ながらの写真の作り方(フィルム現像)を維持しています。
フィルム現像では薬品の品質管理が特に大切です。
当店では薬品を惜しむことなく、数ヶ月で全取替えいたします。
薬品が古くなったりするといい色が出なくなりますので、そうならない前に経費は掛かりますが、取り替えるように心がけてきました。
また、機械自体の保守点検も重要です。 フィルムを化学反応させて作る現像方式です。 デジカメプリントにも活用しています。
一日に何百本、何十万枚などと大量生産は致しておりません。
一枚一枚丁寧に作るには時間をかける必要があるからです。当店は品質最重視で取り組んでいます。
昔ながらの写真現像方式ってどういうもの?
撮影済みフィルムをカラー薬品を使いカラー現像処理して写真用のネガを作ることです。
他の写真屋さんとどこが違うの?
最近では写真屋さんの数も減ってきていますし、ネガ現像機を持っていて、フィルムを現像する店もだいぶ少なくなってきました。
フィルムカメラを使う人も減ってきていますので、現像本数も随分と少なくなってきました。
それでフィルム現像をやらなくなったお店も出始めてきました。
そのような情勢の変化の中でも当店は写真現像に対して常に熱い思いで取り組み続けています。
現像したフィルムを写真にする時に命を吹き込む丁寧仕上げとは

丁寧という意味は、手作業でする調整を丁寧にするということです。

写真にもよりますが、調整すれば更に美しく仕上げられる写真もございます。

この道30年のベテランプリンターマンが、色調整も含め手作業でコントラストを強めてメリハリをつけ、彩度を上げてすっきり明るくし、濃度を下げてうすくしたりして、逆光などの顔をはっきりと見えるようにします。逆に濃くする場合もございます。シャープネスのキーでシャープさを強調することで輪郭をはっきりさせることも可能です。

こういう手作業をしてプリントにそれこそ「命」を吹き込むことが仕事です。
あなたにとって写真は「とても貴重な宝物」という想いで写真現像写真プリント作りに取り組んでいます。

デジカメプリント・ネットプリントも受注しています。デジカメネットプリントのご注文はこちらへ

写真についてのご相談がございましたら何でも書いてください。当店店主のブログワードプレスにつながります。写真への想いなども書かせて頂きますしご質問にお答えいたします。


Copyright©2010.digicameprint.info,All Rights Reserved.
エリアページガイ