-

品質の良い写真:30年後も色あせしないネットプリント:高品質を追求するメディアBOXカメラのコバヤシへ

思い出作りのパートナー推定寿命100年(30年保証)
代表取締役小林幸晴
カメラのコバヤシ
代表取締役 小林幸晴


hinshitsu


あなたにとって、世界に一つしかない価値ある写真をネットプリントでオンリーワンプリントに
質問「家でプリントするのとどこが違いますか」
答え「当店の写真製造は印画紙をカラー薬品
で化学変化させる従来の方式です
それだけ表現される色も輝度も陰影も豊かになります」

送料無料

インクジェット方式と比較してみましょう

従来からの方式は、カラーペーパーを薬液と化学反応させてカラー発色させます。
写真現像の世界です。
数十年前のカラー開発初期のものは、色褪せが生じているものもありましたが、

印画紙種類 補正 品質 耐久性 紙厚 色の再現性 光沢性 おすすめ用途
富士カラー高級ペーパー 自動補正
手焼き
0.2mm 光沢
半光沢
スナップ写真から
少し贅沢な写真
家庭用のインクジェットプリンターを使い写真専用用紙にプリントする場合、インク代、用紙代などを計算いたしますと通常1枚あたり25円から5円 はかかります。
当店の銀塩方式のネットプリントは色褪せしない高品質な写真を最安12円の廉価でご提供いたします。
ご家庭用よりお安い価格差も見逃せません。
家庭用では、インクリボンや用紙の交換代も掛かります。 インクはしばらく使わずにいざ使おうとした時に目詰まりを起こす例が多々あります。その度に新しいインクに入れ替えなければなりません。ここでも予定外の出費となります。消耗品であるペーパーも写真画質と同等のものは高めの価格になっています。
当店の「ネットプリントサービス」は気軽に注文できてしかも低料金。わずらわしいことから開放されます。
ネットプリントは基本料金無料!!
ご自宅のプリンターの前でイライラしながら待つようなこともありません。
当店は、従来の銀塩現像処理システムを使い、本来の写真ですから、色褪せしにくく長持ちするプリントに仕上げています。 
現在は技術が進んで、100年プリントなるものも創れるようになりました。
保存の仕方にもよりますが、写真現像の進歩で30年後今の色とかわらないカラー写真の世界になりました。
一方インクジェット方式は、紙の上にインクを噴射し、乗せていく作業です。
ご家庭のプリンターはインクの数が少なく、水で溶けてしまうものもあります。
あの大震災の時の津波被災地で、水に浸かったアルバムをぬるま湯で洗う場面がありました。
洗った昔の写真は、見事に色も残っていて、修正して再生でき感動いたしました。
それに対して印刷方式のものは、残念ながら画像が消えていたものがあったそうです。

この違いは大きいと思いませんか?
あなたはどちらの方式を選びますか?
大事なアルバムに保存する写真は、プロの現像をお奨めします。
人にプレゼントする写真も長持ちする写真にしませんか。

価格面でも検討してまいりました。
従来の方式で製造した写真を安く提供する努力をしてまいりました。
少なくともインクジェット方式より安い価格で出来ないかということに取り組んで来ました。
ご自宅のプリンターで、プリント印刷する場合、インク代、紙代がかかります。
目詰まりの場合などクリーニング調整をしますが、この時もインクを大量に消費します。
インク代もバカになりません。 大まかな計算ですが、サービスサイズで1枚あたり25円前後は掛かる計算です。
私どものデジタル画像を写真に仕上げる方式では300枚以上のご注文で1枚12円からとかなり リーズナブルな価格でご提供いたします。

価格は安くても1枚1枚丁寧に濃度補正や色調整をし、最高品質仕上げでお届けします。

比較


 
Q&Aよくある質問お支払い(決済)方法発送方法と送料・手数料 | お問い合わせ | カメラのコバヤシのページ
HOME | プライベートポリシー | 特定商取引法 | 会社概要

Copyright©2010.digicameprint.info, All Rights Reserved.