一番輝いてる写真で生前遺影写真を

逕溷燕驕コ蠖ア繝医ャ繝励Δ繝弱け繝ュ髱堤判蜒上・繧ウ繝斐・2まずこちらの動画をご覧下さい。

生前遺影写真 6分7秒

【生前に作る理由】

生前遺影写真とは、文字通り、自分が生きているうちに、 ご自身で用意する遺影写真のことです。

生前に作っておきたい理由として次のことが挙げられます。

  1.残された家族の負担軽減のために、自分で写真を残したい。

  2.自分が一番気に入っている好きな写真を使って葬儀をしてほしい。

  3.高齢になる家族の遺影写真を家族として準備しておきたい。

  4.遺影写真の準備にはまだ早いけれど、定期的に撮影していきたい。

  5.元気なうちに元気表情の写真を残しておきたい。

 

今まで、数多くの遺影の製作に携わって参りました。その時に感じますことは「いざという時に探すのは大変」なのです

ご家族を見送ったことのある方なら、経験があると思いますが、遺影写真を選ぶ時、「けっこう大変だった」という声を、よく耳にします。

悲しみに暮れる間もなく、葬儀の準備に追われる中、タンスや押入れの奥からアルバムを探します。

そして、やっと見つけたアルバムをめくって、初めて気がつくのです。

  • 「最近旅行にも行っていなかったから、あるのは10年以上も前の写真・・・。」
  • 「集合写真ばかりで、本人の顔がちゃんと写っていない・・・。」
  • 「せっかくいい表情なのに、ピンボケ。」

などなど

【その時では遅すぎます】

元気なうちに遺影写真を作っておきませんか。

自分が元気でしっかりしている時に、一番気に入った写真で 今のうちに作っておきましょう。

遺影写真は、葬儀中やご家族の祭壇でずっと飾られるものです。

【遺影写真の選び方としていくつかのポイント】

  • ご自身の最後を飾る最良の一枚を選びましょう。
  • 故人が大きく写っている写真があれば理想的です。
  • 特に顔が正面を向いている写真
  • 帽子などをかぶっていない写真
  • 太陽光が顔の一部で強調されていない、平均にあたっている写真
  •  その人の人柄を感じさせる写真

【写真加工のプロフェッショナルの手で美しくリメイクもお受けします】

何故、遺影写真を作りなおすの?

葬儀の時に良い写真が無いのは常です。 後から作り変える方が多いです。

遺影写真は残された家族の皆さんが心の絆として大切にする写真です。

その人の人柄を感じさせる写真が良い遺影写真にしたいとリメイクを希望される方が増えています。

【70歳超えたら自分の葬儀用の遺影写真を準備しませんか】

koba

故人の品格ある遺影写真

写真の中でも故人の葬儀に使う写真ほど重要なものはありません。

いざお葬式となるとその時に急いで探しても中々よいと思うものが見つからないことは多々ある話です。

そこで遺影写真を事前に作ること=生前遺影写真を作っておくことをお勧めしています。

【遺影(いえい)とは】

遺影(いえい)とは、物故者を偲ぶために、作られる写真もしくは、肖像画のことを言います。

本来は自分の気に入った写真を用意すべきですが大半が旅行や結婚式などに参加した時の集合写真などからの拡大・修正が多いのです。

今後は、デジタルカメラなどのデータで残された場合、家族が見つけることも困難が予想されますから、

後世に残す重要な写真として確実に保存する必要性があります。

やはり自分は、生前に自分の気に入った遺影写真を作っておきたいと思います。

最近は黒の礼服に着替えるタイプから在りし日の自然な一面が感じられるような服装で作られる方も増えています。

従来の証明写真的遺影から脱却し自然で本人らしい写真を選ぶ傾向も出てきました。

   葬儀は、あなたの人生の卒業式、天国へ旅立ちの儀式

          人生で最も輝いた日の遺影写真を元気なうちに準備しておきませんか?

 

当店が生前遺影写真をお勧めする理由は3つあります。

1.自分で納得した写真を遺影写真したいと考える方が増えています。
事前に作ることで、遺族に余分な負担をかけたくないと考えている方にお勧めです。

2.若く元気な頃の気に入った写真であるということも選ぶ理由になっています。
高齢となり、寝たきりや若い頃のような覇気が感じられない写真では嫌だと思う方には、
若くはつらつとし、表情も明るく笑顔の写真がある場合はそのお写真からお作りします。
但し、顔の部分はできるだけ大きく写っているて拡大に耐えるものがベストです。

3.気に入った衣装で撮影したものを使いたい。
集合の一部を拡大して使うより、拡大してもボケの生じない写真としては撮影した方が早いです。
ご家族に撮影してもらったり、スタジオで撮影したりして、遺影写真を作っておくという人も増えています。

藤井父上

こちらは褒章を受章された時の晴れやかなお写真です。

このお写真からご遺影用のお写真をお作りします。

【家族に残す私の写真】

すべての大人の方にお気に入りの一枚を持っていて頂きたい

今のうちに自分らしい写真を残しておきたい

自分の旅立ちをデザインすることは、自分自身の人生と向き合うことです。

藤井のコピー

hahaha

haha母遺影

                                                                                 左右ふたつの画像を合成してお作り致しました。

【遺影、葬儀写真の制作】

1.四切とキャビネの大小セットプラン 16,200円
・大の四切写真1枚 黒色額付き
・小のキャビネ 1枚 黒色額付き

2.四切プラン 14120円
・大の四切写真1枚 黒色額付き

3.六切 プラン 10,800円
・中の六切写真1枚 黒色額付き

4.キャビネサイズ プラン 3240円
・小のキャビネ写真1枚 黒色額付き

品番品名価格サイズご注文は下からどうぞ
iei-1遺影大小額入りセット・
リボン付き
16200円税込254x305
203x254
iei-1のお申込はこちら
遺影大小額入りセット・
リボン付き
iei-2遺影 大サイズ
    額入り
14120円税込254x305iei-2のお申込はこちら
遺影 大サイズ 額入り
iei-3遺影 中サイズ
    額入り
10800円税込203x254iei-3のお申込はこちら
遺影 中サイズ 額入り
iei-4遺影 小サイズ
    額入り
3240円税込178x127iei-4のお申込はこちら
遺影 小サイズ 額入り

上の表の各サイズ別画像をクリックして注文してください。

一つの画像データで種類の異なる大・中・小サイズへ加工いたします。
サイズごとにご注文ください。4種類の商品からお選び下さい。
追加分も注文が出来ます。
大小セットは少し割引価格となっています。
纏めてお届けさせて頂きます。
また同じデータで作成したものをご親戚などにも送る場合、送り先の住所も明記して下さい。

デジカメデータだけでなく、ネガフィルムと写真プリントの注文も出来ます

【お支払い方法】

サイズの画像をクリックしてお進みください。
クレジットでの支払いと銀行振り込みとなります。
入金が確認され次第、作成し、お届けいたします。

【配送及び送料】

受注してから作成完了までに1から2日ほど掛ります。
午後3時までに完成しましたらその日のうちに発送いたします。
午後3時以降に完成した場合は翌日の発送となります。
送料は648円が別途掛かります。

写真のこと、データの送信・送付のこと、注文の仕方、納期など、まずはお問合せ下さい。

遺影写真に関する無料相談はこちらへ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

特商法の表記